不倫じゃなくて愛人に持ち込めば痛みも緩和される

某高級住宅地に住むアパレルのクリエイターの愛人になった時の話です。
始めは「彼女を探しているけど、結婚してるから僕からは告白できない」などと口がうまく都合のいいことばかりをいう不倫相手の言いなりになっていました。ですが、そのことを周りに話すと「不倫して損をするのは100%女なんだから、相手からお金くらい取れ」という意見がほとんどだったので、相手が偽名を使っていたことが判明したのをきっかけに「割り切った関係にしましょう」と持ち掛け、一回会うたびに帰る際に渡すのではなく玄関に入る前に一万円を払ってもらうようにしました。
それから、出かけた際にも一切自分の財布すら触らないようにして交通費から食事代から全て相手持ちにさせました。
また、相手が遅刻したり奥さん宛てのメールを間違って私に送ってきた時には、罰金刑と言って更に一万円を没収していました。
そして、ニューヨークへ出張があったり芸能人の誕生日パーティーに呼ばれたりと華やかな生活を送っていたのでまだ搾取できると思い、家に眠ってるブランド品はないか聞いて限定品で当時27万円したという時計があると言ったので、それももらってブランド買取専門店に売り飛ばしました。
また、私が普段から使わないと言っているのに小さいバッグをお土産と言って買ってきた時は売れそうもないブランドだったのでそのままゴミ箱に捨てました。後日「僕のあげたバッグは?」と聞かれたのですが「どこかにあると思う」と言ってしらを切っておきました。
そうして貯めたお金で一時期は貯金が九百万近くにまでなりひと時の夢を見ました。今はしあわせに別の男性と家庭を築いて子供にスマイルゼミの幼児用をやらせてあげようと思います。そのお金でw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です