腹黒い自分が嫌になるけど…

私は趣味でママさん達が集まるスポーツをやっていますが、どちらかといえばベンチに座る事が多く、なかなか試合にはでられません。実力的には仕方ないのですが、やはり試合には出たいし、練習もレギュラー枠でやりたいんです。
だから私は練習を休みません。チームの活動には積極的に参加し、自分では試合以外の所でもかなり貢献してると思ってます。

チームスポーツなので、コミユニケーションが大事でみんな楽しく仲良くやっています。でも、小さいゴタゴタもあるし、私の心の中では、やっぱりライバルです。

怪我をして試合や練習に来れない仲間に、すごく心配する風にしていますが、内心はラッキーって思ってしまいます。
仲間の旦那がトイレリフォーム市川であって手伝いに行くから出れないって連絡来るとやっぱりうれしいって思います。
仕事や家庭の都合で練習が来れない仲間がいれば、忙しいから仕方ないよ、や、家庭は大事とか言いながら、やはりラッキーって思ってしまいます。

仲間の事は好きだし、プライベートでも仲良くしたいんですけど、スポーツの事に関しては腹黒い自分が嫌になるんですが、やっぱり休め~って祈ってる自分がいます。

怪我をする事はとても悲しい事だし、心配もしますが、上に書いたように嬉しい自分がいたりして、なんて冷たい人間だなと思います。
忙しく、練習にこれない仲間にも大変だねと思いますが、やっぱり嬉しい自分がいて冷たいなぁと感じます。

こんな黒い心はホントに嫌なんです。もっと清い心があればもっと色々な事が楽しいんじゃないのかなと思います。

京都の人は腹黒いといいますが、まるで京都人みたいです。
(京都の人ごめんなさい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です