風邪をひく旦那に爆笑とイライラの私

嵐のライブ行く予定だったある日、旦那さんが風邪をひいて体調を崩してしまいました。普段からよく食べよく寝て、体格もいい旦那なので、そんなに本格的な風邪をひくこともない人です。
ただ甘えているのか、年がら年中お腹が痛いだの、頭が痛いだの言っています。そう言っては家にいるとき、ゴロゴロしたいだけです。
なぜならば、お酒が好きなのでいつも二日酔いの状態です。深酒をしてしまって睡眠不足で頭が痛くなったり、脂っこいものを遅くまで食べたりして消化不良でお腹痛くなったり、私はそんな旦那にこき使われて、振り回されているような日々の日常です。
そんな旦那が風邪をひき、いつもはあの体型で暑がりなのに、発熱のためやたら寒がり、布団をかぶったり厚着をしたり、熱いお風呂に入りたがったりしています。
そんな姿を見て、あまりに普段と違う旦那に本当におかしくなって、笑いがこみ上げてきてしまう私でした。
あんなによく食べる旦那が、全然ご飯と進まず全て残しています。
あんなによく寝る旦那が、一晩中苦しんで寝れずにいます。そんな旦那の姿がおかしくておかしくて、ついつい心配する言葉より、茶化してしまう私です。あまりに私が茶化して笑うので、旦那も「なんて冷たいんだ」と不満顔です。
そんな最中、友人とゴルフの約束をしていて、無理して出かける旦那。死にものぐるいで終えて帰ってきたので、心配より嫌味を散々言ってやりました。
本当に心配よりもだんだん身勝手な姿と、痛い痛いアピールがひどいとしか思えない旦那の姿が嫌で仕方なくなる私は、冷たいのでしょうか。

女子大のマウンティングはあさましい

中学高校とともに女子校で過ごした友人とは別の大学に行くことになりました。友人は指定校推薦枠で四年生の女子大に行くことを早々に決め、私はさして行きたい大学が指定校でなかったので受験をして共学の四年生の大学に行くことになりました。県は違いましたが会えない距離ではないので大学進学後も交流を持っていました。
そんな友人はなにかあると私の大学に来たがってちょっと鬱陶しく思っていました。というのも、純粋に私の大学に興味があるのではなく大学のネームバリューを利用したくて関わりたがっているのが分かっていたからです。女子大というと男女の出会いは合コンなどに限られていたので、友人と女子大で知り合った友達グループは常にどこかしらか合コンができるメンバーを探しており、そのターゲットに私の大学も候補になっていたのです。
また、女子大での友達グループの中ではマウンティングがあったようでいかにブランドと関わっているかということを競い合っていたようでした。そのブランドは服であったり彼氏だったり親の職業であったりと、とにかく広範囲にわたり自慢話が中心となった会話をしていました。
そんな友人があるとき私の大学の心理学の授業を受けたいと言って教室に紛れこみ浮かれながらルーズリーフに黒板の文字を書いていました。少しは心理学に興味はあるものの、私の大学で受けた心理学の授業についてを友達に語りたいばかりだったと思います。そして、授業が終わった時に私が同じ大学の子からノートを貸してと言われたので、その友人がとっていたルーズリーフを取り上げ「これいいよ」と渡しました。渡された子は戸惑っていましたが「いいの、いいの」と押し付け友人には「私のノートをコピーしてあげるね、内容は一緒でしょ」と言ってコピーを渡してあげました。きっとあのまま自分で書いたルーズリーフを持ち帰ったら友達にドヤ顔で自慢しまくっていたと思います。そんなことに私の大学を利用しないでほしいという思いとそんなに共学の四年生大学が好きなら受験しろよという思いも重なりイラっときてこうした冷たい行動をとってしまいました。そんな彼女もいまや船橋でトイレリフォームの仕事をしています

不倫じゃなくて愛人に持ち込めば痛みも緩和される

某高級住宅地に住むアパレルのクリエイターの愛人になった時の話です。
始めは「彼女を探しているけど、結婚してるから僕からは告白できない」などと口がうまく都合のいいことばかりをいう不倫相手の言いなりになっていました。ですが、そのことを周りに話すと「不倫して損をするのは100%女なんだから、相手からお金くらい取れ」という意見がほとんどだったので、相手が偽名を使っていたことが判明したのをきっかけに「割り切った関係にしましょう」と持ち掛け、一回会うたびに帰る際に渡すのではなく玄関に入る前に一万円を払ってもらうようにしました。
それから、出かけた際にも一切自分の財布すら触らないようにして交通費から食事代から全て相手持ちにさせました。
また、相手が遅刻したり奥さん宛てのメールを間違って私に送ってきた時には、罰金刑と言って更に一万円を没収していました。
そして、ニューヨークへ出張があったり芸能人の誕生日パーティーに呼ばれたりと華やかな生活を送っていたのでまだ搾取できると思い、家に眠ってるブランド品はないか聞いて限定品で当時27万円したという時計があると言ったので、それももらってブランド買取専門店に売り飛ばしました。
また、私が普段から使わないと言っているのに小さいバッグをお土産と言って買ってきた時は売れそうもないブランドだったのでそのままゴミ箱に捨てました。後日「僕のあげたバッグは?」と聞かれたのですが「どこかにあると思う」と言ってしらを切っておきました。
そうして貯めたお金で一時期は貯金が九百万近くにまでなりひと時の夢を見ました。今はしあわせに別の男性と家庭を築いて子供にスマイルゼミの幼児用をやらせてあげようと思います。そのお金でw

腹黒い自分が嫌になるけど…

私は趣味でママさん達が集まるスポーツをやっていますが、どちらかといえばベンチに座る事が多く、なかなか試合にはでられません。実力的には仕方ないのですが、やはり試合には出たいし、練習もレギュラー枠でやりたいんです。
だから私は練習を休みません。チームの活動には積極的に参加し、自分では試合以外の所でもかなり貢献してると思ってます。

チームスポーツなので、コミユニケーションが大事でみんな楽しく仲良くやっています。でも、小さいゴタゴタもあるし、私の心の中では、やっぱりライバルです。

怪我をして試合や練習に来れない仲間に、すごく心配する風にしていますが、内心はラッキーって思ってしまいます。
仲間の旦那がトイレリフォーム市川であって手伝いに行くから出れないって連絡来るとやっぱりうれしいって思います。
仕事や家庭の都合で練習が来れない仲間がいれば、忙しいから仕方ないよ、や、家庭は大事とか言いながら、やはりラッキーって思ってしまいます。

仲間の事は好きだし、プライベートでも仲良くしたいんですけど、スポーツの事に関しては腹黒い自分が嫌になるんですが、やっぱり休め~って祈ってる自分がいます。

怪我をする事はとても悲しい事だし、心配もしますが、上に書いたように嬉しい自分がいたりして、なんて冷たい人間だなと思います。
忙しく、練習にこれない仲間にも大変だねと思いますが、やっぱり嬉しい自分がいて冷たいなぁと感じます。

こんな黒い心はホントに嫌なんです。もっと清い心があればもっと色々な事が楽しいんじゃないのかなと思います。

京都の人は腹黒いといいますが、まるで京都人みたいです。
(京都の人ごめんなさい)

嫌な人にも愛の手をさしのべよう

私の松戸のトイレリフォームの職場にはマイペースな女の子がいます。この子はとても可愛らしく愛嬌もあるのですが、自己中心的な性格で仕事中も私語が多く、仕事が出来る方ではありません。私たちの業務の内容はある作業が終わった後にその行った業務の内容をパソコンで入力し記録を残すというものです。ある週末の日、彼女はご機嫌で仕事が終わったら彼氏とちょっと良いレストランでデートをすると職場中の人に言っていました。彼女の作業が多かったようで業務に手間取り予定を30分程過ぎていましたが、私は彼女自身の問題でしょうがないだろうと知らん顔をして、自分の業務を終え昼休みにはいりました。彼女は午前の業務を終え、昼休みにはいりましたが午前中のドタバタで疲れた様子でした。彼女は午後からも調子が出ないようで仕事に追われて戸惑っていました。おまけにあろうことか彼女のパソコンが原因不明のフリーズ状態になり業務が全然進んでしません。やはり業務終了時間になっても仕事が終わっていませんでした。私はいつも私語ばかりで、仕事も十分にしてないんだから今日くらいは仕事しなさいよという気持ちで自分の業務を終わらせて知らん顔をして帰宅しました。翌日確認すると彼女は2時間程度残業をしたそうでした。しかし、自宅で家族と夕食を食べているときに、その日私の仕事量には余裕があり、彼女の仕事を手伝えば彼女は残業せず、美味しいものが食べられたんじゃないかという気持ちになり自分は結構冷たい人間だなぁと思った出来事でした。

肉親でも見放してしまう、私の気持ち

私の母は、数年前から更年期で情緒不安定な日が来ることが度々ありました。父はトイレリフォームで市原で仕事して忙しくしているので、構っていません。機嫌の悪い日は急に怒り出したり泣いたりと、こちらが声をかけても何も聞かずに興奮することが何度もありました。ある時は旅行先で、些細なことがきっかけで急に「帰る」と言い出しタクシーに乗り、その日だけ行方不明になったことがありました。家族みんなで知らない土地を一日中探し回って、結局母とは帰る日に空港で合流しましたが、その後も何日か家族の誰とも口を利きませんでした。そんな母は、以前から更年期になってからよく口にする言葉があります。それが「死んでやる」です。喧嘩すると必ず、「お母さんのことをいらないと思っているんでしょ。誰もわからない所で死んでやる。」という言葉をよく宣言していました。母は一年前に子宮癌の疑いがあるということで、検査を受けています。手術するかしないかの微妙な現状で、病院嫌いな母は毎回辛そうにしています。今更になって「手術が怖い。死ぬのが怖い。」と言い始めているのです。人としてとても最低なことを考えてしまったのかもしれませんが、あれほど周りに死ぬと宣言して迷惑をかけてきたのに、いざその時が近くなったら怖いと言い始める母が許せません。「自分で死ぬと言っていたんだから、本望ではないのか。」とひどいことを思ったことがあります。自分の気持ちは姉妹にだけ話したことがありますが、「その気持ちはわかるが、それは心に留めておきなさい。」と言われました。心の奥にそんな気持ちを抱えている私は、冷たい部分があるのだなと感じてしまいました。

サービス業や接客業をしているとこんな考えになりませんか?

サービス業で接客をしていますが、お金を使わない人やあからさまなお客様態度で来る人がいたら冷たく拒否してしまいます。
これまで何十万円も使ってくれていた人がお金が無くなったからもう来れないと言うと、スイッチが切り替わり心の中で「ハイ、終了。あなたは赤の他人」と思い早々に次にお金を使ってくれる人を探すようになります。お金が無くなるとメールでしつこくかまってちゃんをしてくる人もいますが、それも完全無視して新規顧客獲得のために営業メールをたくさん打つようになり完全に方向転換します。
また、初めからお金をあまり使わない人だとお礼のメールもしないようにしています。というのも、お礼メールを打つ時間も結構内容を考えたりすると十分くらいすぐに過ぎていくのがもったいなくて、その時間があれば太客を捕まえるために仕掛けたほうがよほど効率的なのです。
そういう事情もあり、お金を使わない人が来たら接客中もあまり好かれないような態度をとって嫌煙させるように仕向けたり、ひどく恩着せがましい態度だったりすると「あなたに食べさせてもらうくらいなら死んだほうがマシです。」とハッキリ言ってやります。そうすると、ドン引きするようで二度と来ないようになってくれるので助かります。
自分が生きるか死ぬかのカツカツの生活を送っているので私にお金を落としてくれない人などゴミくずにしか見えず不要で邪魔なので拒絶してしまいます。お金の発生しない時間をサービスとして貧乏な人に捧げるなんて考えられません。今度太客と一月場所観に行きます。

泡を吹いて倒れた人を助ることができなかった私

私は、ある日ゲームセンターで遊んでいました。
その日は、日曜日だったので周りには人があふれています。
すると、スロットゲームをしている人が、急に椅子からゆっくり倒れました。
そして、口から泡を吹き始めました。
私は、これはてんかんだと思いました。
スロットゲームでチカチカする画面を見ていて、てんかんが起こったのです、たぶん。
泡を吹いていたその人は次に口から血が流れてきました。
まさにホラー映画のような表情です。
私は、目の前で人が倒れているのにビビッてしまって、何もできません。
すると、近くにいた人が「救急車、救急車」といって叫びました。
しばらくすると救急車が来て、その人は運ばれていきました。
一瞬の出来事で動揺してしまって何もできない私でしたが、
彼が救急車で運ばれた後に、私はちょっと落ち込みました。
私は、倒れた彼の一番近くにいたんです。
でも、何もできなかったんです。
私は、なんて冷たい人間なんだと思いました。
彼が私の顔を覚えているかわかりませんが、もし彼が私の顔を、
覚えていたら、私はどんな顔をすればいいかわかりません。
周りにたくさん人がいたので、誰かが助けてくれるだろうという、
気持ちがありました。
でも、本当は私が真っ先に助けなくてはいけないんです。
でも無理でした。
もし、私一人なら当然助けます。
でも、周りに人がいたので誰かがやってくれるだろうという気持ちが、
私の心の中を支配してしまったのです。
私は、本当に冷たい人間だと思いました。